9月 2018アーカイブ

「脱毛処理のための掛け持ち」って言うな!

複数部位の脱毛処理をイメージしている方には、複数の脱毛エステでの施術をなさる人も少なからずいます。複数のエステエステに通うほうが、経済的負担が少なくて済むことがあるからにほかなりません。しかしながら、掛け持ちは管理も面倒ですし、冷静に考えると節約になっていないこともありえます。

値段と、脱毛の効果を吟味し、トータルで得する掛け持ちをしていきましょう

脱毛サロン以外にも言えることですが、周囲の認知度が高い大手のエステの方が不満に終わってしまうことはあまりないようですね。あまり大きなエステではなく、小・中規模のエステサロンでは、脱毛をしてくれる方の技術力が、到底満足できるようなものではなかったり、客に対する対応が雑でこちらの居心地が悪くなるようなこともあるらしいです。対して大手の店舗では脱毛エステティシャンは技術面や接客面での教育をうけていますし、万が一のトラブルへの対処法も万全を期しているばずです。少しだけ興味を持ち、まずは体験コースだけでもとエステに行くと、お店の説明を長時間受けた上、強引に勧誘されるのではないかと思っているのではないでしょうか。ところが、実は、最近は、勧誘に関わる行為の一切が禁止されている店舗が増加傾向にあります。気が弱くて勧誘を断るのは気が引けてしまうと思っている人は勧誘禁止とはっきりと言っているサロンに行くようにしたほうがいいでしょう。

けれども、施術の体験を申し込んだのであれば、軽い勧誘はセットになっていると思っておいたほうが妥当なところでしょう。ムダ毛ケアが終わるまでに義務とするエステの回数は、キレイな素皮膚の為には、義務回数は12回以上でなければ、効果は中途な成果になるようなんです。施術箇所も腕や脚のような不要な毛が強くない箇所であれば、5回から6回通えば満足のいく結果を手に入れる場合もあるんです。一方で、処理がアンダーヘアや脇に対するムダ毛ケアなど効果が現れにくい部位へは、パーフェクトなお肌になろうと思うなら、少なく見ても10回以上の処理は必要となるでしょう。ムダ毛ケアに伴う痛みの有無ですが、通えないような痛さは、ほぼないらしいです。よく表現される痛みの喩えとしては、輪ゴムで弾かれたような軽い痛みといわれます。そうはいうものの、ムダ毛ケア箇所によって、痛みを感じやすいか否か、同じ痛みでも、痛みへの耐性は人によって異なります。正式に契約を交わす前に体験コースなどで通い続けられる痛みかの最終確認を行なってください。脱毛やり方の中で、カミソリでの方法は不要な毛を除去しやすい手法だと思います。ただ地皮膚にダメージを与えないように気をぬかないよう細心の注意が必要です。皮膚の摩擦を減らすためジェルを使い、鋭利な刃の剃刀を使用するようにします。ポイントはターゲットの毛が伸びている方向に沿って剃るようにしましょう。また、毛を剃った後には常にアフターケアを行うようにしましょう。